「中国の劣悪なペット市場を日本は嗤(わら)えるか?」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「中国の劣悪なペット市場を日本は嗤(わら)えるか?」

犬肉を食べる中国も最近では
ペットブームです。

そんな中国でドッグショーが開催される事も
耳にしましたが「はっ?」という感じですが・・・。

それよりも日本のペット業界も未だ
ひどい状況なのは皆さんご存知の通りです。


福岡市内の悪質なブリーダーから
市民団体に救助された全身皮膚病の雌犬(写真左)
china_dog04.jpg
↑写真出展元:http://www.cyzo.com/2011/10/post_8846.html



《スポンサード リンク》



「流通過程で殺され続ける動物たちの慟哭を聞け!!」より転載
-----------------------------------------------
前回の法改正時には幼齢犬の分離を56日にする案が
出されていたのに土壇場でなぜか廃案。
その直後に当時の環境省動物愛護管理室長は
動物愛護部会と小委員会臨時委員を輩出している業界団体
『日本愛玩動物協会』の理事に天下りしています。
http://goo.gl/97gkWi

しかし、新聞もテレビもこれを報じない。
政治家と業界、官僚がズブズブの関係なんです。
これでは適正な法改正などできません。


ペットを飼いたい人は講習を受けて飼育免許を取得する。
流通構造については、問題の温床である店頭販売やセリを法律で禁止し
店で買わずに保健所やNPO団体が行っている保護施設から譲り受ける。

どうしても買いたい人は、ブリーダーに予約して直接購入する。
こうした改革が急務です。

幸いにも、現在の環境省動物愛護管理室の職員は、
問題の本質を受け止めながら真摯な態度で法改正に
取り組んでいます。
-------------------------------------------------

やはりドイツのようなシステムに
しなければ根本の問題は解決されそうに
ありません。



流通過程で殺され続ける動物たちの慟哭を聞け!!
http://www.cyzo.com/2011/10/post_8846.html



《スポンサード リンク》



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

保護活動ランキング

捨て犬・保護犬ランキング


関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/1058-e2c15116