「ありがとうわさびちゃん」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「ありがとうわさびちゃん」


この夏本当にあった87日間、愛の物語

わさびちゃんは、道路でカラスに襲われているところを「父さん、母さん」に救われた生後間もない子猫。
6月2日に保護された時には、顎の骨が粉砕骨折し、舌も切れているなど大怪我をした状態でした。
この日から、父さん、母さんの闘病生活は、自分では食べることのできない子猫に
2時間おきにカテーテルでミルクを与える生活が始まります。



子猫を飼うのは初めての母さんは、ツイッターにアカウントを開設して日々の様子を公開していきます。
カテーテルでの給餌は子猫にとって辛いこと。
子猫が暴れて口の中を傷つけないようにおばあちゃんがおくるみを作ってくれました。
タラコやしめじ、本わさびをあしらったかわいいおくるみをまとった子猫の写真が
ツイッターで話題にのぼるようになったのです。
以降、家族の飼い犬ぽんずちゃんとの犬猫の垣根を超えた友情などに育まれ、
「わさびちゃん」と名付けられた子猫はすくすくとやんちゃに成長していきました。


ところがーー。わさびちゃんは、7月末にてんかんの症状に襲われます。
これは投薬の末、回復しましたが、8月26日、体調が突如悪化。
翌27日、短い生涯を終えたのです。
最後まで必死に生きようとがんばったわさびちゃんが家族と過ごしたのはたった87日間。
わさびちゃんと家族との87日の愛の物語を通じて、
命の大切さに触れる感動の一冊(本書の収益の一部を動物愛護の活動のために寄付します)。



関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/108-5021c0dc