「トルコでもペットショップの犠牲犬、ゴールデンレトリバーを米国で里親探し」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「トルコでもペットショップの犠牲犬、ゴールデンレトリバーを米国で里親探し」

トルコのイスタンブールでは
日本と同じ、流行があれば売れて
飽きたら捨てる。

そんな犠牲になっているのが
ゴールデンレトリバーです。
日本も一時期、ゴールデン人気になり
繁殖業者もこぞって繁殖させたのでしょう。

turkey-homeless-dogs-cnn.jpg

トルコではゴールデンレトリバーの野良犬が
急増したそうです。

最近は日本でも収容される犬たちにゴールデンの姿は
全然、珍しくありません。



《スポンサー リンク》



ペットショップの犠牲犬というよりは
根本は身勝手な人間の犠牲とも言えるでしょう。

アメリカではゴールデンの里親になる方が多いそうです。
そこで現在まで200頭以上のゴールデンレトリバーが
アメリカの保護施設に引き取られたそうです。



CNNニュース
トルコで捨てられたゴールデンレトリバー、米国で里親探し
http://www.cnn.co.jp/fringe/35074893.html



《スポンサー リンク》




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


捨て犬・保護犬 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング


シンプルでわかりやすい3つのプラン!ペット医療保険
【ペッツベスト】のペット医療保険
2012ペット保険年間人気商品ランキング第1位!!!
(楽天の保険2010.1~10調べ)



関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

疑問?

犬猫の保護団体は、たくさんあるのに、
どうして牛豚鳥の保護団体は無いのでしょうか?
食用と人間が勝手に決めたから?
同じ命なのに、疑問に感じませんか?

家畜として、育てられているこの動物達が
最も可哀想に思います。
私は、肉が食べられません。

2015-12-21 12:11 | from panda

Re: 疑問?

<panda さん
コメントありがとうございます。

ちなみにこのブログの管理人はヴィーガンです。
ただ、このブログは日本の犬猫の殺処分問題を
主としている為、他のどうぶつ問題に関しては別な
メデイアで発信しています。

それはさておき
日本には家畜と呼ばれるどうぶつ達を
保護する団体は今のところないと思います。

ただ引退競馬馬が屠殺される場合に
レスキューする団体は何カ所かあります。
http://www.horsetrust-ashizuri.com/

海外には家畜どうぶつをレスキュー保護している
団体は何カ所かあります。

でも、まず第一に保護するスペースを確保しずらい事。
犬猫のように里親にもらわれる事がない為
維持する事が非常に難しいです。

それと犬猫の保護団体でさえ寄付はそれほど
集まらず常に資金難である事もあります。

日本は寄付する習慣があまりなく
海外の団体ほど寄付が集まりません。
そうなると自費で賄う事ができるような
計画でもない限り、やはり資金面の問題が大きいです。

もう一つは命に対する価値観の差です。
panda さんは犬猫も家畜どうぶつの命も同じ価値観ですよね。
それは管理人も同じです。
でも犬猫を愛する方々が全て同じではありません。

犬猫を愛する方でも
例えば杉本彩さんでも肉は食べます。
それに対して同じ価値観を強要するつもりはありません。

強要しても、その方自身がそう思わなければ
意味のない事だと思うからです。
であれば、せめて犬猫の事だけでもと思っています。

ただ、やはり一番大きなネックになるのは
資金問題だと思っています。

2015-12-21 15:23 | from チーム殺処分0

知ってほしい

返信ありがとうございます。
ここのブロブのテーマでは無いとのことですが、
もう1つだけ伝えたくてコメントします。

私も 牛豚鳥の肉が、どんな過程を経て、スーパーに陳列されているのか
考えたこともありませんでした。
でも動物が大好きで、調べて知った時から、肉が食べられなくなりました。
殺されて肉になるまでは、幸せに暮らしていてほしいという願望も
空しい願いでした。

身動きがとれない、せまいケージに中に餌だけ食べされる毎日。
横になることも、向きを変えたりすることも出来ません。
人間だったら、気が狂いそうです。

牛豚鳥の肉が、どんな過程を経て、スーパーに陳列されているのか
一度、考えて調べて、知ってほしいです。

価値観の違いと言えば、それまでですが・・・

2015-12-22 11:51 | from panda

Re: 知ってほしい

<pandaさん
少なくとも僕は同じ価値観だと思っています。
ブタの妊娠ストール
ニワトリのバタリーケージ
フォアグラの為のガチョウなど
どうぶつ産業は金儲けの為に
どうぶつ達の命の尊厳など考えません。

このコメント欄はおそらく殆ど見てもらえてないと思います。
pandaさんもブログなどで
発信してほしいと思います。

↓これは管理人がもう一つ運営しているブログです。
http://ameblo.jp/yuu0402ki/entry-12106566879.html

2015-12-22 14:53 | from チーム殺処分0

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/1182-667f3f46