「追記あり:もう一度生きるチャンスを~宮崎県」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「追記あり:もう一度生きるチャンスを~宮崎県」

追記:2016年1月20日20:35
この仔たちの命は繋がりました。
上から3頭は新しい飼い主さんが決まり
一番下の仔は飼い主さんの元に帰ったそうです。
但し・・・・・・続きは↓記事元で
http://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/201601200000/
---------------------------------------

宮崎県の犬管理所で先週(1月14日)
判定を受けた仔たちです。

判定には落ちましたが
職員さん達がもう一度生きるチャンスを
与えたいと1週間期限を延ばしてくれました。

最後のチャンスだと思います。
期限は1月21日(木)AM10:00です。

何とか命を繋いであげたい4頭です。



《スポンサー リンク》



-------------転載ここから-------------

殿の介護で年末から身動き取れなくなり、
管理所、保健所、行く時間が取れずにきました。
今は、殿と全力で向き合うべきだと…
そう選択してきました。

先週の判定日、私は殿の側から離れませんでした。
「判定」を受ける子は知っていました。
でも、何も出来ませんでした。
ただただ…祈るだけしか出来なかったのです。


ですが、今日知りました。
この子たちは、先週の判定に落ちたのに、
もう一度生きるチャンスを与えたいと…
あと一週間、この子達に時間を与えたいと、
職員さんが、殺処分延長をしてくれていたのです。

その最終日が…1月21日の午前中(10時位)まで。

今の私には「出来る事」がすごく小さいけど、
この子たちの「いのち」が繋がる事に、
少しだけかもしれないけど、残ってるキャパを使おうと、
今回ブログで呼びかけました。

どうか、全国の皆様のお力を貸してください。

※年齢、体重、全て推定です。

推定5~6歳位 推定12キロ位 メス
16-01-19-001.jpeg

人慣れしています。
この子は、判定に受かるだろうと思ってた子なので、
すいません・・・性格をはっきり把握しないままでした。


推定5歳位 推定18キロ位 オス
16-01-19-002.jpeg
16-01-19-003.jpeg

人間が大好きな子です。
愛情を受けてきた子だと思います。
多少甘え吠えはありますが、
心が満たされたら吠える事はありません。


推定5歳位 推定15キロ位 オス
16-01-19-004.jpeg
16-01-19-005.jpeg

この子も、愛情を受けて育ってきた仔だと思います。
表情も明るく、人間を信じてくれています。


推定8歳位 推定18キロ位  オス
16-01-19-006.jpeg

管理所に来たばかりだったのか、
会いに行った日は、ずっと丸まって寝ていました。
少し怖がりや警戒心が強いのかもしれません。


代理引出しなど、出来る限りのお手伝いはさせて頂きます。
お問合せは、引取り希望者様のみとさせてください。

お電話が繋がらない場合は、
ショートメールにてお名前ご用件を入れて下さい。

どうか・・・どうか、よろしくお願いします。
090-4484-5165 担当・フジイ

保健所や管理所には、ご自身で引き取る場合以外は
絶対にお電話されないでください。


殿は、もう立つ事も出来なくなりました。
ごはんも食べれなくなりました。
少量ずつしか摂れないので、24時間小分けにして、
シリンダーで流動食と水を流すようになりました。

16-01-19-007.jpeg

おしっこをしても、おしっこがしたくなっても、
吠えて伝えることも出来なくなりました。
もう「母ちゃん!」言ってくれなくなりました。
でも、それで良いと思ってます。

無理させず頑張らせず、
殿が苦しまない事。
それだけで良いと思っています。


皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。

宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美


郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ

〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

----------転載ここまで--------

『動物たちの未来のために』
「殺処分延長された子達」より
http://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/201601180000/



《スポンサー リンク》



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


捨て犬・保護犬 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング



日本で初めて、購入いただく毎に施設で保護されている犬にフードを寄付することができる、プレミアムドッグフード。


関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/1236-711fb6c0