「老犬や野犬は無条件で殺処分~愛知県」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「老犬や野犬は無条件で殺処分~愛知県」

この仔は昨日(1月27日)殺処分されました。
ただ「老犬」
というだけの理由で。

o0800064613551789034.jpg
↑写真出展元:http://ameblo.jp/megumilk7287/entry-12122229608.html

元記事のブログ主は何度もセンターにお願いしました。
一時預かりの方も決まっていて
後は引き出せれば、この仔は今も生きていられました。

収容元のセンターには何を言っても通じませんでした。
県からの指示のまま業務を行ってるとの事です。
老犬、野犬、噛む犬などは無条件で殺処分するそうです。
これは愛知県だけではありません。
まだまだ多くの自治体で行われていると思います。

何故?でしょうか?
たしかに譲渡するには責任が生じるのかもしれません。
それでも敢えて、引き取る人間には
何があってもセンターの責任だとは思いません。
それだけの覚悟をして引き取るからです。



《スポンサー リンク》



命を預かっているのですから
マニュアル通りに行動するのではなく
柔軟で臨機応変な行動を望みます。

「前例にない」などはただの言い訳です。
なければ変えれば良いだけの事ではないでしょうか?
そこに責任の所在を気にするからできないんですよね。

何事もなく穏便に済めばそれで良し?ですか。
失敗しても次は違う方法を考えてやれば良いのではないでしょうか?
当然の事ですが何もしなければ何も変えられません。


誰しも収容された全ての犬猫の命を救いたいと思っています。
でも、それはできない。
その中の1頭でも2頭でも命を救いたいと
思って活動しています。

下記の自治体は高齢犬の譲渡も積極的に
行っています。
少しでも多くの命を救おうとしています。
全国の自治体がやり方はそれぞれ多少は違ったとしても
基本は全て、同じ考えで行動してもらいたいと思います。
----------------------------------------------
1.神戸市動物管理センター
http://www.city.kobe.lg.jp/life/health/hygiene/animal/jyotoinukourei.html
2.横浜市動物愛護センター
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/hokenjo/genre/douai/joto/koureiken.html
3.川崎市動物愛護センター
http://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000052167.html
4.長野市保健所
http://www.city.nagano.nagano.jp/soshiki/h-seikatu/4033.html
5.さいたま市動物ふれあいセンター
http://www.city.saitama.jp/008/004/003/005/koureikenjyouto.html
6.長野県松本保健福祉事務所
http://www.pref.nagano.lg.jp/matsuho/dobutsu/inu-joto.html
----------------------------------------------

よろしくお願いします。
愛知県健康福祉部保健医療局生活衛生課様
電話: 052-954-6297 FAX : 052-954-6921
    


記事元:名前も知らないあなたへ
http://ameblo.jp/megumilk7287/entry-12122229608.html



《スポンサー リンク》



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


捨て犬・保護犬 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング



【いぬのきもち・ねこのきもち】


関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

愛知県に住む者の1人ですが、情けないです。柔軟な対応ができなければ、何も変わらない。
助けたいと言ってる人がいるのに、許可を出さないなんてあり得ませんね。
そんなに殺したいの?と聞きたいです。

2016-01-28 18:23 | from アンズミルク

Re: タイトルなし

<アンズミルクさん
愛知県だけではありませんので。
日本全国、同じように命を救う考えになってほしいですね。

2016-01-28 20:20 | from チーム殺処分0

センターの皆様
前列がなければ前列を作ればいいという発想になりませんか
犬は生きてます
その命を人間の都合で終わらせていいのでしょうか
センターの皆様も職務上処分されてるなら
頭ごなしに責め立てては何も解決しないと思います
某県はボランティアの方々がセンターに出向きフードを支援したり毛布を届けたり檻の掃除収容犬とのふれあいやお散歩を通してセンターの職員さんと二人三脚で生きる方向に努力され処分が激減しています
ゼロは難しくても無駄な処分はなくなりました
何でも排除するのではなく人間のパートナーとして共生できる優しい社会は同時に人間にも優しい社会です
愛知の皆様の温かい心を期待しています
あなたが犬で処分が決まったらどんな気持ちになりますか
怖くて怖くて助けてと命ごいしませんか
犬はしゃべれません
犬はかわいいですよ
生きられる命を救ってあげてください
よろしくお願いいたします

2016-01-29 13:03 | from はる

Re: タイトルなし

<はるさん
ありがとうございます。

センターの職員さんも全員そうではないと思いますが
県の指導で決められているようです。
県自体が変わらなければならないとも思っています。

自治体によって格差が大きいです。
日本中の自治体がどうぶつ達に優しくなって
もらいたいと思います。

2016-01-29 19:38 | from チーム殺処分0

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/1254-8a3b91b2