「追記あり:せっかく散歩を覚え始めたのに・・・命の期限~宮崎県」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「追記あり:せっかく散歩を覚え始めたのに・・・命の期限~宮崎県」

追記:2016年2月18日20:18
この仔の命は繋がりました。
最後まで諦めない!
ご協力頂いたみなさん、ありがとうございました。
http://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/201602180000/
----------------------------------------
あまりにも時間がなさすぎる。
でも最後まで諦めない。

明日(2月18日AM10:00)がこの仔の命の期限です。
判定を受けて受からなければ、そのまま
殺処分になってしまいそうです。

前週に1週間期限が延長された為
今回の更に延長というのは難しいようです。

放し飼いだったようで
この仔は散歩の意味がわからないようです。
職員さんが人と一緒に歩く(散歩)事を
少しずつ教えて、ようやく意味を理解しようとしていた
矢先だそうです。



《スポンサー リンク》



この仔は新しい家族と覚えたての散歩を
一緒にできるのでしょうか?
そんな仔でも、この仔の全てを受け入れてくださる方を
募集しています。

------------ここから記事転載----------

この子は、先週の「判定」で
職員さんが延長をして下さった仔です。

オス 推定3~4歳位 推定15キロ位

動物たちの未来のために16-02-17-001
↑写真出展元:http://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/201602170000/

この子は多分、放し飼いにされてた仔だと思います。
敷地内で放し飼いにされていたのかもしれませんが…
そんな毎日は「自由」だったでしょう…
今まで楽しかったでしょう…

伸び伸びと生きてきたこの子は…
今、檻の中に居ます。


自由に生きてきたこの子には、
リード」の意味が、よく理解できません。
人間のペースで歩く意味が、よく理解できません。
抑留期間中、「人間と歩く」ことを、
職員さんがこの子に教えて下さり、
この子は少しずつ覚えていこうとしていました。

この子なりに、理解しようと頑張っている時期でした。

ですが・・・

ここは「管理所」。

更にもう一週間延長…という事がとても厳しい状態です。

人間が大好きすぎて、淋しくて吠える事が多々ありますが、
犬に対しては、私が知る限りでは、
うまくやっていけるタイプの仔だと感じました。

明日(18日)判定を受けるのは、この子一頭だけです。

動物たちの未来のために16-02-17-002
↑写真出展元:http://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/201602170000/

先日のブログでもご報告しましたが、
保護家の運営費は、赤字のまま動いております。
保護家には、60匹の犬猫が居ます。
今の私が優先しなきゃいけないのは
この状況の中、この子達をどう守っていくか…

「とりあえずレスキューして、飼い主を探せ」と、
いうご批判もありますが、
「とりあえずレスキューして、飼い主を探している」犬猫が、
保護家には60匹なんです。

ごめんなさい…私の中で「とりあえず」はありません…。
一度手を差し伸べたら、その子が「いのち」あるまで、
その子が保護家を卒業するまでが、「責任」なんです。

この子たった一頭・・・

動物たちの未来のために16-02-17-003
↑写真出展元:http://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/201602170000/

たった一頭なのかもしれません。
でも、今の私には、そのたった一頭も救えない。
目の前のこの子を救う力すら残っていない…

運営費が赤字続きでも、夜~明け方までは時間があるから、
仕事に就いて、少しでも赤字を埋めていこうと思ってた。
体力と時間はどうにでもなると思ってた。
今の「保護」を縮小さえしていけば、
それでなんとかなると思ってた。

乗り切れると思ってた。
この子に会う瞬間までは・・・

動物たちの未来のために16-02-17-004
↑写真出展元:http://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/201602170000/

保護の縮小って、
制限かけるって、
ストップをかけるって、
こういう事なんだと・・・。


檻越しにこの子に触れた。
両手で頬を包み込んだ。
足が震え、立つ事が出来なくなり、
その場にしゃがみこんだ。

卑怯だけど、私は泣いた。
泣きたいのは私ではない…この仔なのに、
この子のはずなのに、この子は何も疑いを持っていない。

「なぜ泣いてるの?なぜ悲しいの?なぜ目を反らすの?」
「なぜ?」「なぜ?」・・・

不思議そうにする感情が、この仔から伝わってきた。

動物たちの未来のために16-02-17-005
↑写真出展元:http://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/201602170000/

「ごめんね」そう泣くのはきっと違う・・・
だって、この子はまだ生きているから。
だって、この子はまだ殺処分と決まったわけではないから。

もう諦めてしまっている事は、
この子にとって失礼な事なのかもしれない。
頭では分かっているのに…


もし、この子を・・・と、考えて下さる方、
会の携帯まで、必ずご本人様よりお問い合わせ下さい。

直接ご自身で引き出す以外は、
絶対に、管理所や保健所にはお電話されないで下さい。

連絡先は記事元ブログに書かれています。

出れない時間帯もありますので、
その際には、ショートメールをお願い致します。
折り返しお電話致します。

私に出来る限りのサポートはさせてください。

-------------記事転載ここまで---------------

【動物たちの未来のために】
「明日10時まで…」より
http://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/201602170000/


明日18日「判定」を受ける子です。今、ブログ記事を書いている途中ですが、動画と一緒にupできないので、先に動画を貼ります。

Posted by 山下 由美 on 2016年2月17日




《スポンサー リンク》


《スポンサー リンク》



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


捨て犬・保護犬 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/1292-53348d69