「札幌で犬の介護施設オープン~老犬や障害犬達のために」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「札幌で犬の介護施設オープン~老犬や障害犬達のために」

札幌犬の介護施設がオープンしました。
この施設は一個人が自費でコツコツ開業資金を貯め
老犬や障害を持った犬たちを
介護して飼い主さんの負担を減らし
また、諦めて保健所へ持ち込んだりする事を
防ぐ目的の為です。

この方は札幌動物管理センターに
通っている時に持ち込まれる犬達を見て
何とかならないのかと悩んだ末の
行動だという事です。

13331017_1627288230931791_8489390329626592452_n.jpg

老犬の持ち込みが最近多くなり
長年一緒に暮らしてきた犬なのに
どうして?
と思うばかりでした。

たしかに老犬や障害を持った犬たちの
世話は大変です。
でも家族でしょ?
なんで家族を捨てられるのか?
多くの疑問がありました。



《スポンサード リンク》



家庭環境や経済的な面で
どうしても世話をする事ができなくなった。
そんな方々の為にせめて最期くらいは
と思ってもらいたいそうです。

短期間でも良いそうです。
一緒に学んで介護の方法がわかれば
思いなおして世話をしてくれるのではないか?
とも考えたそうです。

もちろん無料ではできませんので
有料とはなりますが
その収益金で他の犬達のために
何かできるのではないかとも
考えているそうです。

お近くの方は一度
訪問してみるのも良いと思います。

犬の介護施設逢犬はうす
http://iken-house.com/

住所: 〒002-8053 北海道札幌市北区篠路町篠路371−17
電話: (011)214-1501
交通: JR学園都市線 拓北駅より700m 徒歩12分



《スポンサード リンク》



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


捨て犬・保護犬 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

No title

人間と同じですね。
我が家では、先日17歳まじかで愛犬を亡くしました。病院受診、私が、看護師と悟られたのか、Drが自宅点滴をと言われました。腎不全による 脱水状態 下痢 下血 半端ではない下血でした。最後の3日間は、我慢強い子でも、呼ぶ声 苦しい声 私は、付き添って寝たり、おむつ交換は、たびたび交換してあげました。
立ちたいんだなぁ~と察し、介助にて立ち上がらせました。なんだか安心した様子に見受けられました。元気だったころ、お庭で遊んでいましたので、抱っこで連れて行き、懐かしいお話もしてあげられました。そののち、私の腕の中で、息を引き取りました。

看取りができるのは、本当にお互い幸せでしす。しかし、飼い主も体力との戦いです。どうしようもできないこともあります。そような状態のとき、施設があるというだけでも、心の支えになりますね!よいことですね。心優しい職員の方たちの施設であってほしいです。長々と失礼しました。

2016-06-12 18:04 | from 3人娘のママ

Re: No title

<3人娘のママさん
腕の中で最期を迎える事ができたんですね。
お互いにとって最高の最期だったんだと思います。

でもやはり仕事を持っていて
休めない方など大変だと思います。
その手助けはできるのではないかと思います。

この運営者の方は友人なので
とても犬猫に愛情のある方です。
現在も保健所や団体さんから老犬などを
引き取って個人で世話されていました。
安心して任せられると思います。




2016-06-12 21:06 | from チーム殺処分0

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/1503-14076509