「どうぶつも同じ命、どうぶつを捨てない、どうぶつの命ムダにしないで~小学校5年生の命の価値観~札幌」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「どうぶつも同じ命、どうぶつを捨てない、どうぶつの命ムダにしないで~小学校5年生の命の価値観~札幌」

先日の記事
札幌で犬の介護施設オープン~老犬や障害犬達のために」
http://satsuzerozero.blog.fc2.com/blog-entry-1503.html
でご紹介した「逢犬ハウス

先日、近所の小学5年生の子供たちが
どんな所なんだろう~と
覗きに来たようだったのでオーナーが中に入れて
話を始めました。

その内、の話になり
その小学生達がポスターを書いてくれたそうです。

13528171_1637364053257542_8243738644904333051_o.jpg
↑写真出展元:フェイスブック https://goo.gl/iveItB

--------ここから転載------------
の授業
先日の出来事。

たまたま休憩時間に当店を覗いた近所の5年生4人組。
「いいよ。入りなさい。」と言って、なんやかんやと話していた。



《スポンサード リンク》



すると、一人の子が「あ~~~動物実験の袋だ!」
「あ~~~~~犬のカレンダーだ。
うちのパパが言ってた。
保健所では無実の犬が死んでるんだって!」 

私「え~~~~~~~おね~ちゃん偉いわ!
パパも立派だね。」って所から
話は“の話”になりました。

動物実験の話や、殺処分の話。
興味の無かった子も、ウンウンと頷き
綺麗な目でジッと話を聞いてくれました。

今感じたことを描いてみよう!となり
思い思いに描いてくれた4枚のポスター。
子供達の素直な言葉が、私の心に響きました。

「また来たい!」と、元気に手を振る彼女達を見送りながら
この子たちが大人になる頃には、
忌まわしい制度が無くなって素敵な時代に
なっていますように・・と
強く願わずには居られませんでした。
----------転載ここまで-----------
記事元:フェイスブック https://goo.gl/iveItB

13528064_1637364076590873_6623944048351620181_o.jpg
↑写真出展元:フェイスブック https://goo.gl/iveItB

小学校5年生でも真実を知ってる子供は知ってます。
何故か?
親なんでしょうね。

親が教えなければ知る機会は殆どない。
昔の諺で「親の背を見て子供は育つ」とあります。
その通りで普通は子供達にとって自分の親は絶対的存在です。

その親の行動を見て
子供もマネをします。
いわゆる手本になりますよね。

13465992_1630279000632714_4499522586432214341_n.jpg

犬の介護施設「逢犬はうす」
http://iken-house.com/

住所: 〒002-8053 北海道札幌市北区篠路町篠路371−17
電話: (011)214-1501
交通: JR学園都市線 拓北駅より700m 徒歩12分



《スポンサード リンク》



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


捨て犬・保護犬 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/1540-76988418