「この仔は、どんな思いで走り去っていく車を見ていたのか?~犬小屋と世話道具一式で捨てられた犬」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「この仔は、どんな思いで走り去っていく車を見ていたのか?~犬小屋と世話道具一式で捨てられた犬」

千葉県で犬小屋と一緒に捨てられていた仔です。
この仔はどんな思いで走り去っていく
元飼い主の車を見ていたのでしょうか?

写真のこの仔の顔はとても悲しそうな顔に見えます。

13495119_721880861286343_2114780895362716490_n_20160705175120ec0.jpg
↑写真出展元:フェイスブック https://goo.gl/kLgku1

現場はこんな駐車場です。

13592788_721880981286331_515730004017745015_n_2016070517512113b.jpg
↑写真出展元:フェイスブック https://goo.gl/kLgku1

地元(千葉県)の方であればわかるのでしょうか?
特定される特徴などは情報がありませんでしたが
もしかすると遠方から車で
ここまで捨てに来た可能性もありますので
記事元の方は広域で情報を広めたいと
書かれています。



《スポンサード リンク》



もちろん警察にも届け済みで
捜査も始めているようですが
こんな事をする犯人は許せません。
皆さんで犯人が早く逮捕されるように
情報を広めてください。


-----------記事転載ここから-----------

場所と経緯を知らなければ、
何気ないわんこの写真かもしれない(笑)

ワンコとその家財道具(笑)一式を
炎天下の駐車場に捨てて行ったバカ飼い主の存在。
こう言う輩が居るから何時まで経っても
殺処分が無くならない事が解らないだろうな?

地元警察と千葉県動物愛護センターに連絡を取り緊急保護。
発見者には現状の変更をしないように指示したのはもちろん。
多くの場合ワンコが可哀想だからと
連れ去ってしまう人が多いが、
それも犯罪に加担すると言う事。
所長も嘆いていたが、すべての子を救いたいのに
なぜか風評が独り歩きしていると!

処分前提で収容して居る訳じゃあ無いからね!。
朝早くから友人の電話で驚いてしまったが、
笑いをこらえる方が大変だった。
  
  
警察の拘置期間とセンターの処置機関で
センターへの逗留は長くなるかもしれないけれど!
みんなの力で幸せを見つけようね!
 
  その前に飼い主には法的な制裁が必要だね!。
地元警察でも捜査していますが、
飼い主が遠くから捨てに来た可能性がありますから
広域拡散をお願いします。

------------記事転載ここまで----------------

記事元:フェイスブック https://goo.gl/kLgku1

この事件を見て(これは遺棄事件です)
あの仔を思い出してしまいました。

「あなたの捨てた犬は素敵な家族として迎えられました。
二度と犬たちに触れる事もしないでください~岡山県倉敷市」
http://satsuzerozero.blog.fc2.com/blog-entry-1114.html

12196136_10153731714114228_3809474325116158499_n_20160705172324a34.jpg

倉敷市の山の中に同じように
普段使っていたゲージと一緒に捨てられていた仔。
※この仔は現在新しい家族の元、幸せに暮らしています。



《スポンサード リンク》



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


捨て犬・保護犬 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

No title

もし遺棄した犯人が見つかったら、
この子はそのバカ人間の所に帰らなきゃいけないの?
心を入れ替えて、優しくしてくれるとは思えない。
心配です・・・。

2016-07-07 14:02 | from おーじろう | Edit

No title

ひどい人間です

二度と動物に触れて欲しくないです

何故こんなに信頼しきっている仔を置き去りに
できるのでしょうか
馬鹿飼い主の所に戻らないようにできるのか私も
心配です;
アマゾンCMとこの記事の事
向こうのブログの方がアクセス数多いので向こうで
拡散させて頂きました。

2016-07-08 14:47 | from | Edit

あり得ない……。悲しくて、涙が出る…。ホントにやだ…。なんで??そんなひどいことできるの?……

2017-04-13 22:51 | from アヤ | Edit

Re: タイトルなし

<アヤ さん
本当に有り得ない事ですね。

この仔は心のケアをされてから
現在は新しい家族に迎えられています。

2017-04-14 13:17 | from チーム殺処分0

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/1555-68806bae