「子犬の時の首輪が食い込み悲惨な野犬~インド」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「子犬の時の首輪が食い込み悲惨な野犬~インド」

おそらく子犬の時に付けられた
首輪がプラスチック製だったため
首に食い込んだまま成長したのでしょう。

首輪01

首に食い込んだ傷が痛々しいです。
インドの愛護団体「Animal Aid」で
保護して首輪の切断を行いました。
慎重に慎重に。



《スポンサード リンク》



考えればわかる事。
捨てる事は許されない事だし
もし、そうだとしたらせめて
首輪を外してから捨ててほしかった。



今では首の傷も目立たなくなり
元気で走り回っています。

こんな犬は思ったよりも
たくさんいるのではないでしょうか?
たまたま見つかったから良かったものの
見つからずに首を一生、締め付けられたまま
死んでいく犬もいるのだと思います。

首輪02

首輪03


「Animal Aid」
http://goo.gl/z3OJJV



《スポンサード リンク》



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


捨て犬・保護犬 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/1590-0791d0b0