「生き地獄の多頭崩壊現場~神奈川県」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「生き地獄の多頭崩壊現場~神奈川県」

多頭崩壊現場。
典型的な姿です。
「生き地獄」がぴったりの言葉。

どこも同じような現状です。
糞尿まみれの犬、猫たち。
部屋中、足の踏み場がない。
壁も天井もボロボロ。

tanpopo-002.jpg
↑写真出展元:言葉を話せない動物たちからのSOS ~殺処分される命を救うために~
http://ameblo.jp/inunekodaisuki/entry-12189289735.html#cbox

何故、そうなるのか?
最初は2~3頭しかいなかったはず。
それを不妊手術をせずに放置していた為
気がついたときには、どうにもできなくなるほどの
頭数に増えている。
フードを買うお金もない。
センターに引き取ってもらう為のお金もない。

気が付いたとき・・・・・・・本当はずっと前からわかっていたはず。
でも手術のお金がなかった。
する気がなかった。
面倒だった。
そんな感じでしょう。



《スポンサード リンク》



そして団体にようやくSOSを発信する。
団体はキャパオーバーしてるにも関わらず
見るに見かねてレスキューする。
そんなパターンでしょうか?


-------------転載ここから-------------------
現場に足を踏み入れて思った事は
鎌倉崩壊の再来・・・

悪夢をまたみる事になるとは、、、

多頭崩壊!!
一言でいえば本当にただ一言「生き地獄」

飼い主から届いたメールは

事情があり、家を出る事になり新しい転居先では、
2匹までしか飼う事が出来ない為。
残りの猫達を預かって頂ければ助かります。
ちび~12才まで50 匹ぐらい居ます。

返信に、私の電話番号だけをおくった

そして、管轄である神奈川県動物頬センターに連絡を入れた

昼前に飼い主からの電話が入った

エアコンが壊れている

仔猫の状態が悪い

仕事中という事で、土曜に伺う約束をした

でも・・・  めのあかないあかちゃんがいるという
じょうたいがわるいという

さいど電話をしたら夕方なら対応可能というので
スタッフ2人と出かけた


tanpopo-001.jpg

tanpopo-002.jpg

tanpopo-003.jpg

tanpopo-004.jpg

tanpopo-005.jpg

tanpopo-006.jpg

tanpopo-007.jpg

tanpopo-008.jpg

tanpopo-009.jpg

tanpopo-010.jpg

tanpopo-011.jpg

tanpopo-012.jpg

tanpopo-013.jpg

tanpopo-014.jpg

tanpopo-015.jpg

今回、緊急度の高い15匹をレスキューしました

まだ、相模原崩壊の医療費もお支払できてはいません
病院に支払いがまだなのですが
ほっておけない現場ができてしまった事を伝えて

必要最低限の猫を引き出してきました

必要最低限?
のこす子たちに助けは必要ないわけない

でも、今のたんぽぽの里には
この子たちを助けるための医療費。維持費がありません。

この子たちは8月いっぱいでこの場所を出ます

そして、センターに放棄してもらうにも
その費用がないのです。

まだ、50匹はいます。

この子たちが生きるために
お力を貸してはいただけませんか?

現状で、たんぽぽの里の医療費は-100万あります
7月上旬に、重病猫の引き取りやパルボ感染の治療
相模原崩壊33匹猫で
高額な医療費が発生し、
支援のお願いを考えていた矢先の崩壊です

どうか、この猫達を助けるために
ご支援をお願いいたします。

○○○○○○○○○○○○○○○

医療費・シェルター維持費が大変不足しております。
ご支援宜しくお願いいたします。

ゆうちょ銀行ゆうちょ銀行
記号10260 番号66661261 たんぽぽの里

通帳三菱東京UFJ銀行
口座番号…0168808
店番号……259相模原支店
口座名義…たんぽぽの里 代表石丸雅代

銀行からゆうちょへの振込
銀行名…ゆうちょ銀行
金融機関コード…9900
店番…028
預金種目…普通 (または貯蓄)
店名…〇二八 店(ゼロニハチ店)
口座番号…6666126

-----------転載ここまで--------------


多頭崩壊は現在のところ犯罪でも何でもない。
ただ、団体やボラが手を差し伸べてくれるかどうか?
手を差し伸べてくれた現場は何とか犬猫をレスキューして
保護する。
そして里親さんが見つかるまでケアをする。

当の崩壊させた本人は?
何事もなかったかの様に消えていく。

殆どがボーダーです。
でも何も罰を受けない。
せいぜい近所に文句を言われ
個人情報など公開されることもない。

でも現場の猫たちにとっては
虐待犯人から虐待を受けるほどのダメージを受ける。
死に追いやられる事も多い。

こらからは多頭飼育崩壊も何某かの公の何某かの
罰を受けないと、いつまで経っても無くならないのではないでしょうか?

記事元:言葉を話せない動物たちからのSOS ~殺処分される命を救うために~
【緊急拡散希望】悪夢再来・緊急ご支援
http://ameblo.jp/inunekodaisuki/entry-12189289735.html
http://ameblo.jp/inunekodaisuki/entry-12189291527.html
http://ameblo.jp/inunekodaisuki/entry-12189291527.html
http://ameblo.jp/inunekodaisuki/entry-12189294989.html



《スポンサード リンク》



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


捨て犬・保護犬 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

一団体だけの問題ではありません

以下、FBよりたんぽぽの里さんにコメントした文です。

この方法で今、管轄行政から国交省まで同行してもらっている、ある多頭崩壊の現場に踏み込んでいる仲間がいます。

たんぽぽの里さんは、行政に手術してほしい、室内で生きてきた猫が外で生きていくのも難しい、金がないという繰り返すのみですが、これは地域、行政も巻き込まなければ解決しない、一団体だけの問題では手に負えないです。
チーム殺処分0さんからもお伝えしていただけますか?

これ以下がコメントです。
-----------------------------------------------

ブログみましたが、すでに手術をしているのですね。
お金の心配というのは今後の管理費用のことなのですね。

この集合住宅もひとつの地域ですから、管理人にも相談のうえ、管理費などから捻出してもらうのです(自治会も管理費も、予備費を必ずプールしています)。
なによりもまず猫のため、今のこの劣悪な環境から物理的に解放するのが先です…というより、住人がいない以上、外にだすしかないわけですが。

助成金や基金は使えませんか?
こうなるまでほっておいたのは地域の責任でもあります。自治会に報告、相談しましたか?
手術代だけでも自治会費や寄付を集めてもらうことをお願いします。
それでも関係ない、餌やりが悪いという反論があるのでしたら、野良猫は国が増やしたもの、餌やり禁止や個人問題だということは解決にはならない(そういう身勝手な個人がいる社会のほうが恐ろしい)等々理屈を話してください。
できれば行政と同行し、自治会長に会って国や自治体のガイドラインや愛護法の指針、パンフレットなどを持って行って説明してください。

保健所の対応はどうでしょうか?
新たな周辺環境の保全条項には、動物自体への衰弱虐待が入っています。これは、例えば、爪が異常に伸びている、体表の汚れ等、また手術が行われず、譲渡もなされず猫の頭数が増えているということを理解していますか?

環境省の虐待の定義
https://www.env.go.jp/・・・/dobutsu/aigo/1_law/files/n_07.pdf
も考慮すると、この件は問題提起するのに十分です。

飼い主が逃げたのでしたら愛護法違反の遺棄ですから警察に通報してください。そのくらいの重大な事件であることを住民らにも伝えてください。

緊急事態には、身勝手な人の回答や考えを待っていてはだめです。もちろん人との協力があって地域猫があるのですが、それはあとからでもできます。
餌やりやトイレ作りだけが地域猫ではないです。
猫と餌やりがその地域に受け入れられるように理解してもらう。またこのような問題があれば皆で対処していく。そのための活動です。

手術➡解放➡地域猫。この間に行政、自治会、周辺住民に協力してもらい、費用も考えてもらう。すぐには難しいのであれば、(ネット拡散での寄付などもあることでしょうし)どうにか頑張って手術費用を会で建て替え、あとから返してもらう。

手術は済んでいること、かかった費用、全部の頭数、猫や現場の写真、管理人や住人の考え方、会として現在困難なことや地域猫化への要望等、警察への通報報告等、計画的に書いたものを自治会などにみてもらいます。

客観的に把握したものや数字がなければとくに自治会や行政に説得はできません。

どうか猫のためにもご一考ください。

------------------------------------------------

先に述べた方法を実践できないのはなぜでしょう!?

>地位猫のハードルはすごく高くて難しい

すでに述べましたが愛護法「周辺の生活環境の保全等に係る措置」
http://u0u0.net/xJzD

で保健所が動けるはずです。
悪臭などの公害がでているのですから、完全に周辺の生活環境の保全にかかわってますし、この劣悪な環境によって猫が感染症などにかかる、それによって病死すれば完全に愛護法44条違反の衰弱虐待です。
地域猫云々とは次元が違う話です。

保健所の対応はどうでしょうか?

今、愛護家の知り合いが同じような劣悪な環境下にある猫たちを救うために動いていますが、法、条例、指針、環境省の虐待の考え方で行政に働きかけていますよ。
場所は相模原市ですか?相模原市なら行政と団体協働で地域猫相談をやってますよね。役場の担当の意見は?

>室内で生きてきた猫が外で生きていくのも難しい問題

逆ならばそうですが、自由に動き回ることが何よりも愛する猫のことです。そんなことありません。

これは団体が抱える問題ではなく、行政や地域住民も巻き込まなければいけないような大きな問題です。

手術も保護も会がすべて請け負う。それだと「ああやってくれてありがとう」で終わり。逆に言えばチャンスだと思いますが。地域猫化する。啓発、問題の深刻さを知らしめるチャンスです。

難しいと繰り返していますが、どこまでやってみたのでしょうか?

2016-08-16 18:12 | from AH | Edit

Re: 一団体だけの問題ではありません

<AHさん
根本はその通りです。
一団体だけの問題ではありません。

このたんぽぽの里さんも個人時代から
活動されていて十分承知していると思います。
長年、活動されてきて難しい事だと言われているのだと思います。

行政、自治会など全てを巻き込んで
話し合いや援助などの協力を要請していければ
前に進む事もできると思います。

ただ、レスキュー主体で活動されていますので
それだけで手いっぱいです。
以前レスキューした時の医療費も支払いが
済んでいない状態です。

こういう活動を同時にする事は時間的にも
困難な状態だというのは私たち(チーム殺処分0)も
同じです。
本来は同時に進めていければ良いのですが・・・。


どうぞ、ご理解ください。










2016-08-18 13:18 | from チーム殺処分0

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/1628-b480a866