「児玉小枝さん講演会レポート1~同伴避難」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「児玉小枝さん講演会レポート1~同伴避難」

児玉小枝さん講演会レポート1

12月15日に行われた児玉小枝さんの講演会「同伴避難」。
内容は東日本大震災で被災した福島のペットとその家族のお話でした。
そのお話の中でみんな口を揃えて言うのが「この子の存在のお陰で辛い避難生活も心が救われた。」
それは飼い主さんだけでなく他の被災者の方にも癒やしを与えたようです。

1487353_233071336867157_1771578871_n.jpg

同伴避難が可能だったのは新潟県。新潟にはペット同伴で避難できる場所が多数存在しました。
避難所にはペットを入れるゲージ、定期的に来る獣医師さん、被災者やペットをケアしてくれる
ボランティアさん、みんなが快適に過ごすためのしっかりしたルールなど、ハード、ソフト面で
しっかりした体制が整っていました。

その理由として児玉さんの分析では
1、新潟県は元々動物愛護意識が高く、行政、獣医師会、ボランティアの連携が日頃から出来ている。
平成24年の犬の譲渡率は驚きの68.2%。ネコの譲渡数も814匹(高知県は0匹)
http://www.pref.niigata.lg.jp/seikatueisei/1340312497991.html

2、中越沖地震を体験し、災害時の対策の重要性を知っていた。
などでした。

高知県はご存知の通り殺処分数全国ワースト1のペットに
優しくない県です。
よって災害時の対策のホームページにペットの事は掲載されていません。。。
それに引き換え新潟県のホームページは凄いです☆

新潟県のホームページ
http://www.pref.niigata.lg.jp/seikatueisei/1356772474704.html

今回勉強した事を行政に繰り返し投げかけて少しでも災害時のペット対策に
意識が向くよう努力致します☆

記者:野村
http://tanabe-animal.jp/index.php?id=64

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/163-d14ebfe1