「生きる気力~ある老犬の物語」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「生きる気力~ある老犬の物語」

センターに収容された老犬
元飼い主に手間がかかると捨てられたのでしょう。

そんな老犬がたくさんいます。
何故、十年以上も一緒に暮らしたのに?
子犬の頃はカワイイカワイイで
老犬になったらウザイですか?
世話が大変ですか?

あなた方は何の為に犬を飼ったのでしょうか?
ただ自分の為だけでしょう。
癒される?
番犬になる?

そんな、あなた方の都合なんて
どうでも良いんです。
犬は生きてるんです。
感情があるんです。
それを知ってください。

でも生きていればそれで良いという事ではありません。
生きる気力がなければ死んだも同然です。

※現在(その1)
14492394_598936100313575_5628553544344000965_ns.jpg
↑写真出展元:フェイスブック https://goo.gl/4fE43c

※現在(その2)
14520341_598936083646910_8963475449004650101_n.jpg
↑写真出展元:フェイスブック https://goo.gl/4fE43c

センターに収容されたいた時
14479802_598936020313583_1575272804524468787_n.jpg
↑写真出展元:フェイスブック https://goo.gl/4fE43c

-----------記事転載ここから-------------
これは先週の事。
この子は昨年収容され、『譲渡対象』になってセンター
ずっとずっとご縁を探していた子です。
1年も。
ずっと待っていました。

仮名は『たろう』。
でも先月倒れてしまい、寝たきりに。
寝たきりだけどご飯はしっかり食べてたそう。
でも先週『この子は明後日処分します』って言われた。
あんまりだと思ったけどセンターの人も苦渋の決断を強いられてる感じでした。
日に日に弱り死ぬのを待つ。ということはしません、と。

それ聞いて、たろうちゃん見て、もう時間がないと思った。
ダメもとで以前お問い合わせあった方に受け入れ可能かどうか
訪ねてみたら即答でOKをもらえた☆
そこは老犬ホーム、という場所。初めて行ってみた。



《スポンサード リンク》



まさに犬の老人ホーム。
たろうちゃんはしっかりケアして頂きなんと3日目には外を散歩した。
動画を見て、これまたどきもを抜かれました。
今はあの時の無表情ではなく良いお顔です(T▽T)

たっぷり甘えることも出来てます。
可愛いって言ってもらえてます。
膝枕もしてもらえてます。
Oさんありがとうございます。

センターはやっぱり、悲しい場所なんだなって思えて
センターにいる子にもご縁がないかな、と切に願います。

何よりココに来る子が居なくなる世の中になりますように。。。。。命そのものです。
----------------記事転載ここまで-----------------





記事元:フェイスブック
https://www.facebook.com/miyazaki.manami.1/posts/598936236980228



《スポンサード リンク》



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


捨て犬・保護犬 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/1727-c5641ca9