「11月1日からガスによる窒息死の殺処分を復活させます~兵庫県」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「11月1日からガスによる窒息死の殺処分を復活させます~兵庫県」

以前の記事
「今更、時代に逆行するガスによる殺処分を復活?!~兵庫県
http://satsuzerozero.blog.fc2.com/blog-entry-1745.html
でお伝えしたように、兵庫県では11月1日(火曜)から
今まで麻酔による安楽死による殺処分でしたが
何故かそれを昔ながらのガスによる窒息死
復活させるとの事です。

兵庫県殺処分数

殺処分自体、現在はゼロにしようとする動きが多い中
まだやむを得ない状況ですが、せめて苦しみの少ない
麻酔による安楽死を止めて敢えて苦しむガス殺処分
復活させる意図が理解できません。

しかも兵庫県へ電話で問い合わせた方への対応は
「県外の方にお答えする義務はありません」
という回答でした。

これは更に理解できない。
この問題は兵庫県だけの問題ではありません。
日本全国の問題です。

それを県外の方には答える義務がないとは?

税金を治めていない人間には関係ないという事でしょうが
お金の問題ではありません。
人としての問題です。

では兵庫県内の方には回答したのでしょうか?
兵庫県民の方でこの問題の問い合わせをした方が
いらっしゃったら教えてほしいと思います。



《スポンサード リンク》



----------記事転載ここから------------

全国のが方々が 兵庫県の炭酸ガス殺処分再開に反対し
抗議の声を送ってくれていますが、兵庫県職員の対応は
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「県外の方にお答えする義務はありません」

私はこのような冷たい対応をする県のトップとは
どのような人物かとの思いにいたって、県のHPを閲覧しました。
https://web.pref.hyogo.lg.jp/governor/cate2_601.html
そこには、白髪で温厚そうな紳士、井戸敏三知事が笑顔で出ています。
自己紹介からエッセーまで、幅広く活動しておられます。
モットーは誠心誠意だそうです。

中略

ましてや兵庫は、阪神淡路の震災を経験した地です。
自分たちも過酷な状況を身をもって体験し
人から手を差し伸べられ助けられ、今の復興がある県です。

どうかこのような暴挙を、ストップさせてください。
とくに兵庫県下の方々、過酷な状況下の犬や猫のため
どうかどうか、声をあげてくださいませ。

11月再開まで、時間がありません。
意見提出先
兵庫県知事 井戸敏三 様.兵庫県庁企画県民部 秘書課  
  E-mail: hishoka@pref.hyogo.lg.jp   
FAX:078-341-2021企画県民部
広報課FAX:078-362-3903
Eメール kouhouka1@pref.hyogo.lg.jp
---------記事転載ここまで---------------

記事元:フェイスブック https://goo.gl/5WNFyB

申し入れ書



《スポンサード リンク》



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


捨て犬・保護犬 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

No title

たしか、先日の記事にあった警備会社が母ネコを血だらけにして投げ捨て、子猫を保健所に引き渡したのも神戸でしたよね。
こういうトップは早く変わるべきです。小池百合子都知事の器の広さを見習ってほしいですね。

2016-10-31 00:56 | from -

No title

年配の方達が多い地域やトップが年配など問題多いですよね。村八分やら犬猫等を普通に個人殺処分したりと、最近年寄程「我が我が」と自己中心的な感じがします。
時代が変わっても考えは昔のまま・・・それじゃあ若者はついていかないですよ。

この兵庫県知事の任期ていつまでなんでしょうかね?

2016-11-01 14:28 | from SAKO

Re: No title

<SAKO さん
そうですね。
特に田舎の高齢者の中には
昔の流儀?をそのまま変えることなく
という方が多いようですね。
もちろん総ての方ではありませんが。

未だに生まれた子犬子猫は
川に流すとか土に埋めるとか?
多いようです。

この知事がいつまでかわかりませんが
やはりTOPによって地域性は出ますね。

2016-11-17 14:51 | from チーム殺処分0

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/1757-d6ed8237