「50年以上、鎖に繋がれたままのゾウ:あなただったら耐えられますか?~インド」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「50年以上、鎖に繋がれたままのゾウ:あなただったら耐えられますか?~インド」

インドのマハラシュトラ州、アウドゥのシャリババニ博物館とヤマイデヴィ寺院の近く) 。
アジア象のGajraj(ガジラージ)は現在63歳だそうです。
1965年12歳の時にこの場所に連れてこられ
管理人のMs.Gayatrideviはあまりにも病気でお金がかかる為、
この場所に置き去りにしたそうです。

Temple elephant Gajraj suffers torture in Maharashtra,
↑写真出展元:「NEWS CRUNCH」 https://goo.gl/IlxMHt

もう52年目です。
彼は4本の足を全て太いで繋がれ
もちろん自由に動けるはずもなく
現在は精神的な異常な行動をしています。

お金の為に何者かに牙も切られました。

rsz_temple_elephant_gajraj_faces_horrifying_torure_in_maharashtra_tusks_sawed_off_1.jpg
↑写真出展元:「NEWS CRUNCH」 https://goo.gl/IlxMHt



《スポンサード リンク》



よく動物園でくるくる同じ場所を回る
どうぶつが居ますがそれと似たような動きです。
で繋がれているため、もちろん回ることもできません。

rsz_temple_elephant_gajraj_faces_horrifying_torure_in_maharashtra_tusks_sawed_off_3.jpg
↑写真出展元:「NEWS CRUNCH」 https://goo.gl/IlxMHt

動画もありましたので
見てみてください。



このガジラージを助けるためには
多くの署名が必要です。
賛同できる方は署名をお願いします。

署名サイト-1
https://secure.peta.org/site/Advocacy?cmd=display&page=UserAction&id=6931
署名サイト-2
http://www.thepetitionsite.com/takeaction/980/045/465/

記事元:「NEWS CRUNCH」 https://goo.gl/IlxMHt
参照記事:「50年間で繋がれたままのガジラージを助けて」
http://shindenforest.blog.jp/archives/70423859.html



《スポンサード リンク》



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

耐えられませんね…
人間はなんでいつも自分勝手なんでしょう

2017-05-21 11:20 | from かのん

ジャングル奥深くに、せめて離してやっていれば...良かったのでは?
生殺しではありませんか?
所変われば、象は神のつかいとして大事にされているのに..

2017-05-21 17:07 | from はるこ

Re: タイトルなし

<かのん さん
おそらく地球上の人間誰一人として
耐えられないと思います。
このゾウだって異常行動となっていますね。

人間は全てに関して自分勝手などうぶつだと思います。

2017-05-24 17:38 | from チーム殺処分0

Re: タイトルなし

<はるこ さん
インドでもどうぶつ達の命を大切にする人もいます。

こんな事をしている意味など
全くないと思います。
早く自由にしてあげたいですね。

2017-05-24 17:40 | from チーム殺処分0

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/1980-db363b59