「極小の犬カワイイですか?~ティーカップ犬ビジネスの悲劇」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「極小の犬カワイイですか?~ティーカップ犬ビジネスの悲劇」

数年前から話題にもなっていた
「ティーカップ犬」
たしかに一見、愛らしい姿をしています。

敢えて、一見としました。

6f043780.jpg
↑写真出展元: https://goo.gl/Cn4jMF

パリス・ヒルトンさんも何頭か飼われているのは有名ですよね。

0B0CfOB4psGY68QK559vRg11.jpg
↑写真出展元: https://goo.gl/ZxVGzc

その「ティーカップ犬」に最近、言われているのが
骨軟骨異形成症(いわゆる低身長症)などの
成長障害や病気が急増していると言う指摘です。

こんな事は最初から予想されている事で
どうぶつを本当に愛する者であれば
懸念してきたことです。



《スポンサード リンク》



多くは韓国でブリードされて
アメリカに輸出されるケースだそうです。

ティーカップ犬はブリーダーが特に小さい犬同士を
繰り返し交配させ生まれる。
そのサイズは不自然なまでに極小で
ケネルクラブはその健康問題などを理由に
これらの犬を犬種として認知していません。

どちらにしてもMIX犬も一時期人気になりましたが
無理に短期間で繁殖ブリードした犬には
当然、無理があるという事です。

王立動物虐待防止協会(RSPCA)とケネルクラブ(Kennel Club)
王立獣医カレッジでは愛犬家らに対して
ティーカップ犬を購入しないよう声をそろえてるそうです。


韓国で生産されアメリカへ「ティーカップ犬」その可愛らしさと裏腹の悲惨な運命......
https://matome.naver.jp/odai/2140957035589180001

「ティーカップ犬」人気に動物愛護団体が警鐘、急増する健康問題
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00010000-clc_teleg-int



《スポンサード リンク》



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/2072-094c68e7