「噛まれて腹が立ったからと金の棒で死ぬまで叩いたセンター清掃従業員~神奈川県」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「噛まれて腹が立ったからと金の棒で死ぬまで叩いたセンター清掃従業員~神奈川県」

何とも悲しい事件です。
犬は何か理由がなければ噛む事はありません。

神奈川県の愛護センターで清掃従業員が
収容していた犬に噛まれたからと
金属の棒で何度もその犬を叩いた。

ぐったりしている所をセンターの職員が発見し
清掃従業員に聞いたところ、叩いた事を報告した。

犬はまもなく死亡してしまったとセンターから発表があったそうです
-------------------------------------------------
その清掃従業員に何があったのかはわかりません。
でも、どんな事情があったにせよ
死んでしまうまで叩くという行為は異常だと思います。

どんな事情があったとしても
この清掃従業員は許す事ができません。

清掃業務は委託で行っていたそうです。
センター自体に全く責任がなかったとは言えませんが
センターに抗議などする事は、また違う事ではないかと思います。



「噛まれて腹が立った」金属の棒で従業員がたたく 動物保護センターの犬死ぬ」より
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140904-00000571-san-soci



捨て犬・保護犬 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







お散歩トイレ





関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

No title

清掃員だからと言ってそう言う人を派遣することが間違えでは?
事務所などの清掃と全く違うのですから
業者川に非が有ると思います
でも蚊んだからと叩く事自体しかも瀕死になるまで
警察のきちんと対処して貰いたいですね
物損ではなくて

2014-09-05 16:16 | from 茶チャママ | Edit

No title

はじめまして

私もこの記事を見て、こころが張り裂けそうになりました。

こんな方が、働かれるということに疑問を感じます。

動物に愛情が、持てない方が、結局、感情に任せて、弱い動物をこんな目に合わせてしまうのです。

それも保護センターでのできごと!考えられません。
これが人間だったら?

「センターに抗議などする事は、また違う事ではないかと思います」
とありましたが、本当に、そうでしょうか?わんこは、殺されたのです。

清掃業務の委託! 委託をお願いしているのは?指導は?

残念です。合掌

2014-09-05 17:19 | from 3人娘のママ

No title

これまで殺処分ゼロを目指してがんばり、
実際に0をキープしてきた保健所です。
抗議を受けるまでもなく、
職員さんたちはどんなに悔しく無念な思いかと思います。

ひとつ疑問なのは、清掃員というのは常に金属の棒を
持ち歩いているものなのでしょうか?
万が一、動物が襲ってきたときのために?
それとも掃除用具のひとつだったのでしょうか?

2014-09-05 20:42 | from はなこ | Edit

Re: No title

<茶チャママさん
この事件がどう扱われるのか
今の時点ではわかりません。

センター側がどう対処するか
今後見ていきたいと思います。

2014-09-06 05:39 | from チーム殺処分0

Re: No title

<3人娘のママ さん
初めまして。
コメントありがとうございます。

たしかにどうぶつに愛情を持てない人間が
センターの清掃をする事自体、疑問ですが
保健所の方も全ての保健所でどうぶつ好きの方が
担当されるとも限りません。
あくまでも公務員の仕事として配属されるからです。

センター側の責任ももちろんあると思います。
ですから
<センター自体に全く責任がなかったとは言えませんが
と書いたのですが・・・・・・。

ともかく、とても残念な事件であった事は間違いありません。


2014-09-06 05:44 | from チーム殺処分0

Re: No title

<はなこ さん
コメントありがとうございます。

そうですね。
0を達成されたゼンターですから
とても残念です。

でも、とかくこういう事件は公表されずに
もみ消される事が多いですが
今回はセンターからの発表という事で
非難覚悟だったのではないでしょうか?

もちろんセンターとしての責任もあると思いますが
センターの姿勢&心構えを感じました。

2014-09-06 05:48 | from チーム殺処分0

こんにちは

はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説」で検索できます。一度訪問してみて下さい。

2014-09-06 16:19 | from 鬼藤千春の小説 | Edit

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/412-0cd70f45