「この鎖の下で。。。いったい何年?~茨城県」  - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「この鎖の下で。。。いったい何年?~茨城県」 

この鎖の下で・・・・・
http://ameblo.jp/futakoinuneko/entry-11932229804.html

o0800053413082852535.jpg

この仔はいったい何年、この鎖の下で
雨の日も嵐の日も炎天下の日も
生きてきたのだろうか?

o0410027313082581210.jpg

水のみは、いつのものかわからないほど。

o0410027313082581209.jpg

茨城県動物指導センターでは
指導はセンターに任せてほしいと言っていたそうです。
http://ameblo.jp/futakoinuneko/entry-11932229804.html
-------------------------------------------------
茨城県では今年の2月に
「犬の殺処分数全国ワースト1脱却宣言」をしました。
脱

茨城県広報誌「ひばり」2014年2月号
http://www.pref.ibaraki.jp/hibari/2014_02.html

ところが今年の7月に杉本彩さんが
橋本昌知事に殺処分数全国ワースト1の件で
インタビューしたところ
驚くべく回答をしています。

「茨城県の橋本昌知事に陳情/犬猫の殺処分ワースト1であることについて」
http://ameblo.jp/sugimoto-aya/entry-11887727713.html
2014-07-02 17:07:06 より

・ガス室のボタンを押すことに
   さほどの苦痛はないであろう
・人口比率からいうと
   けして殺処分数ワースト1ではない
・これ以上やれることはない、
・皆に現状を伝えることは難しく不可能なことである
・それよりも「いじめ」の問題について
   具体的な指導や教育をするほうが優先
・不妊・去勢手術に対する助成金を
   積極的に行政が負担する必要はない
・なぜなら、茨城県ができることはすべてやっているから、
   もうなす術はないと、本気で思っておられるからです。
・あとは国の方針が変われば、それに従いましょう

茨城県の犬猫持ち込み理由で一番多いのは
不妊・去勢手術をせずに増えてしまったという理由です。
全体の27%にもなっています。

なのに
「不妊・去勢手術に対する助成金を積極的に行政が負担する必要はない」と。
県が作った広報の中で「犬の殺処分数全国ワースト1脱却宣言」を
しているにも関わらず・・・・・・・。

この知事は何もわかってないし何も理解しようとしていないな。
という印象です。
もっと、命に優しい知事になっていただきたいと思います。

お願いします。




捨て犬・保護犬 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





ペット保険のペッツベスト
医療費用の80%を保障!(免責金額を除く)












関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

No title

本当に腹が立ちます。
このような酷い飼いかたをしている人が近所にいるので、
保健所に通報して改善策を促しに行ってもらったことがありました。
居留守を使っていたとかで一応手紙を投函してきたそうでしたが、
その家は何の策もしませんでした。
それどころか、「誰かに毒を盛られたんで、血便が出たり
血を嘔吐したりしたので、ヨソに置いてきた」と云っていたのには驚きでした。
もう1軒の家は室内犬を外で2匹飼っているのですが、小さなボロボロな
犬小屋に、ただ、食べて寝ているだけの子たちがいます。
当然の事ながらお散歩なし、日除けなし、雪の降る日など半分体が出て
いる有様です。
ストレスがたまるのでしょう、人が通るたびに吠え立てます。
近所ですから直接抗議には行けないので、見るに見かねて手紙を投函しました。
その後「大きなお世話」と言わんばかりに誰が投函したのか探るためか
ジット外を見張っている姿が見えました。
私は今まで酷い飼い方をしている人に何十回か改善策をお願いに
行った事がありますが、ほとんど改善されませんでした。
つくづく日本もドイツのように飼うには飼う資格を作るべきだと思います。
茨城の市長宛に抗議のメール出しました。
こんな市長が長く居座っていては茨城は前途多難ですね。
殺処分されている犬猫の姿を見て涙が溢れたと同時に何の罪もない
この子たちをよくも!と怒りで震えました。

2014-10-11 00:30 | from ゆかり | Edit

Re: No title

<ゆかりさん
コメントありがとうございます。

本当に何も考えない?飼い主には憤りを感じますね。
飼い主に直接、言えたとしても
おしらく殆どの飼い主は「よけいなお世話」と
思う事でしょう。

そういう飼い方をしていても
何も感じないから当然ですよね。
悪いともかわいそうだとも感じません。
だから、できるんでしょうね。

ただ環境省でも動物愛護管理法の中の
虐待の定義の中にネグレストも含むと書面にも
定義しています。
ですから犯罪だと認められているという事です。

ご近所だと何かと言いずらいでしょうから
これは犯罪だという認識をさせる為にも
迷わず、警察に通報して良いと思います。
警察は通報者を明かすことはありませんので
安心して通報してください。

ただ,警察が動いてくれるかどうかは
わかりません。
警察もまだまだ動物愛護管理法については
認識が低いですから、逮捕なんてよほどの事が無い限り
しないでしょう。
これも一つの問題だと思っています。

「環境省による動物虐待の定義」
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h1903/pdf/06.pdf

2014-10-12 22:25 | from チーム殺処分0

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/464-844ec05b