「見逃さないでほしい普段と違う犬の症状~大きな病気の前兆4つ」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「見逃さないでほしい普段と違う犬の症状~大きな病気の前兆4つ」

犬も猫も人間の言葉を話すことができません。
言葉では何も訴えることができません。

だから飼い主が普段から気をつけて
犬や猫の様子から訴えている事を伺うしかありませんよね。
例えば、骨が折れていた場合などは
外見からすぐにわかると思いますが
内部的な病状は目立つ症状でない限り
見逃してしまう事が多いです。

そんな症状から考えられる病気を4つ上げてみます。

1.犬のてんかん
てんかんを持っている犬の場合、休んでいるときや眠っている夜間
もしくは早朝に症状がでることが多いといわれています。

症状としては【四肢の硬直】
【痙攣】
【失禁】
【口から泡をはく】などが
あると「てんかん」の可能性があると思って良いでしょう。

2.犬ジステンパーウイルス感染症
犬ジステンパーウイルス感染症はワクチンを摂取していない子犬や
抵抗力の弱った老犬が掛かりやすい病気です。

4882-ed148d5b-a403-40dd-88ff-a2e3f0fee77e.jpg


初期の症状としては
【目やに】
【鼻水そして40度前後の発熱】
【食欲や元気が急になくなる】
ことがあります。

次の段階として
【咳やくしゃみ】
【嘔吐や下痢も繰り返す】
ようになります。

3.急性緑内障
人間も同じ症状ですが
急な眼圧の上昇で放置すると
失明する危険性があります。
先天的・後天的の2つが考えられます。

4879-82882414-5f76-4100-bf8c-0c389819cb2c.jpg

症状としては
【まぶたの痙攣】
【涙を流す】
【頭をさらわれるのを嫌がる】などがあります。


4.口腔内悪性黒色腫
別名メラノーマともいわれていますが
早く言えば口の中の癌です。

症状としては【よだれが多くなる】
【口臭が気になる】
【口の中が出血している】
【口内炎がある】などです。

どちらにしても癌ですから
早期発見が一番です。
普段からたまに口の中を見てあげてください。



見逃さないで!飼い主が症状から見分けられる、犬の病気の具体例4つ
http://tsunayoshi.tokyo/c/c4cc5aef8305de0719ca10466505d2247e5499f7





捨て犬・保護犬 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






日本最大の動物病院通販サイト
「本間アニマルメディカルサプライ GOLD」では
ペット食事療法食、医薬品など多数の人気商品が満載!
世界中の安全で人気が高い商品を多数取り扱っています。




関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/797-1d9645ac