「俺たちは声を上げることのできない動物たちのために戦う~4発も撃たれて放置されていた犬をレスキュー」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「俺たちは声を上げることのできない動物たちのために戦う~4発も撃たれて放置されていた犬をレスキュー」

アメリカのペンシルベニア州で
4発も銃弾をあびて放置されていた犬が
動物愛護団体「Justice Rescue」によって保護されたそうです。

その犬は6時間にも及ぶ手術によって
一命を取り留めました。

↓下の動画はその命の恩人と再会した時の動画です。

"REUNITED". COP and DOG. Humane officer reunited with "Frank" dog that was shot 5 times and left for dead. Please share this everywhere Justice Rescue Humane Police agency received an emergency call that a dog was shot multiple times and left to die in Chester City Pa. Officer Russell Harper responded within minutes after getting the call. Chester City police were on scene helping Frank. Officer Harper rushed the dog they named (Frank) after st Francis to the emergency vet hospital. Frank under went immediate surgery for hours with no one knowing if he would make it. Frank still needs more surgeries but is looking good right now. Frank is surely a miracle. Please like and share JusticeRescue Facebook page. If you can donate to help Frank and others please donate to www.justice-rescue.com. (Update). Frank just completed his surgery on his foot where it was shattered by a bullet. He seems to be doing okay. Please pray for him Wolf

Posted by Justice Rescue on 2015年4月29日


e245ade6641d5e656cc38ab5218d3194-533x710.jpg


保護した団体のメンバー達は
州や市の警察のように捜査する権利や身分を証明するバッジを
与えられています。
警察と同じだという事ですね。

Justice-Rescue.jpg


現在、賞金を掛けて犯人を捜しているそうです。
本当に見た目も頼もしい団体です。

11138110_1123924367621586_5897793745950761585_n.jpg

日本にもこういう団体を認めてほしいですね。



4発撃たれて放置された犬、一命をとりとめる―命の恩人「犯人を狩る」
http://irorio.jp/jpn_manatee/20150504/226545/





捨て犬・保護犬 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







全世界で愛用されて
販売累計100万袋突破!
『シンプリーキャットフード』



関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

良かった。

見た感じは、ちょっと怖い感じの方々ですが寄り添ってくるわんこを撫でる手はなんと暖かいことでしょう。
メダルをさりげなく後ろに回される心使いも、愛情に溢れています。
人は見かけによらないということが良くわかりま~す。

犯人が捕まるといいですね。

2015-06-11 20:03 | from sara

Re: 良かった。

<sara さん
本当に人は見かけによらないですね。
一般的に多い普通の見かけで
実は凶暴な殺人犯だったり、わかりません。

最近、思うのは見かけがちょっと・・・という
人の方が礼儀正しかったり優しかったりする事の方が
多いような気がします。

2015-06-12 10:18 | from チーム殺処分0

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/837-c2ce02ae