「殺処分ゼロに向かって変わっていく倉敷保健所~岡山県」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「殺処分ゼロに向かって変わっていく倉敷保健所~岡山県」

ここは岡山県倉敷市保健所です。

なんか保健所とは違うイメージではありませんか?
まだ動物愛護センターではありません。
ただの保健所です。
でも中身は愛護センターと同等です。

1966058_10153437476124228_5959469258048161996_o.jpg

写真を投稿してくださった方のコメントです。

-----------転載ここから-----------
岡山より・・
倉敷保健所の取り組みについて
私が倉敷保健所に訪問するようになって1年半すぎました。
この間、保健所の職員さんたちの取り組みを間近で拝見でき、
大きな変革が起こっているのを感じています。

昨年秋依頼、すべての収容犬の基本的に1カ月の猶予を頂き
、里親様募集がかけられるようになりました。
また、今年度からよりよいフード・キャンペーンで、
収容犬個々に合わせたフードをあげるようにしてくださっています。
(ちなみに、皮膚病の激しい柴さん達はロイヤルカナンのセレクトスキンケア
、仔犬達は同じくロイヤルカナンのパピー用、特に問題がないなみちゃんたちは
サイエンスダイエットを頂いています。)

HPでの里親様募集も始まり、野犬のなみちゃんは生後半年以上の
野犬の子で積極的に募集をかけられた初めてのわんちゃんとなります!

また、係の受付にはスライドショーがながれ、
飼い主さん募集中わんこ達の画像が流れています。

今日は「仲良しキャンペーンなんですよ!」と、職員さんたちが
人馴れが不十分な子犬たちや当初威嚇のあった遺棄の柴わんこ、
たかこちゃんを抱いたり、撫でたり、お話ししたり、ブラッシングしたり
、お忙しい業務の時間を割いて触れ合ってくださていました。
お散歩にも連れて行ける子たちは連れ出して頂いています。



《スポンサード リンク》



「倉敷はセンターではないから、難しい問題もいろいろあるけれど、
確実に処分ゼロに近づいていると思うよ・・」とベテランの職員さん。

制限のある中、懸命に頑張って下さっていることに心から感謝です!

----------転載ここまで----------------

確実に変わってますね。
独自の方法で殺処分ゼロを目指している事が
よくわかります。

他の保健所も少しずつでも変わっていき
個人個人が協力しあっていけば
殺処分ゼロも夢ではありません。

記事元:https://goo.gl/dfkuny

倉敷保健所
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/15361.htm



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


《スポンサード リンク》



関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

こんにちは。

私はワンコの事があまり詳しくないのですが、保健所と愛護センターの違いを教えて下さい。

個人的な意見ですが、例えばペットショップで売る時は、60才以上は後見者いないと、買えないなど、国で制限つけてもらいたいですね。

あまりにも、飼育放棄が多いですよね。

2015-07-05 00:35 | from ハルママ

Re: タイトルなし

<ハルママ さん
いつもコメントありがとうございます。
なかなかコメント返しをする時間まで
取れなくて申し訳ありません。

保健所とセンターの違いは
基本的に保健所は収容するだけで
センターは譲渡目的を持った施設です。

ただ最近は記事にも書いたように保健所自体でも
譲渡をする自治体ができてきました。
それぞれの自治体で管理運営されている為
そこで対応が変わってきます。

そんな優しい自治体が増えてくれれば良いのですが。

飼育放棄は高齢者の方だけではありませんし
若い方でも一時的な感情で飼ってしまうケースもありますよね。
ですから命を飼う方の義務として全ての方に
自分にもしもの事があった場合の対処を考えてもらいたいと
思っています。

というか飼育放棄自体、問題外だと思っていますので
飼い主も全て免許制にする事が必要だと考えています。





2015-07-07 10:47 | from チーム殺処分0

トラックバック

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/873-79d6e3b6