FC2ブログ

「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

平成28年度殺処分数(環境省発表)
犬   10,424頭
猫   45,574頭
-----------------------
合計  55,998頭

これを0にする為には
・動物たちの為の動物愛護管理法の改正
・飼い主の終生飼育を徹底させる
などが挙げられますが、まだまだ周知されていません。

このブログでは各自治体管理による全国保健所のそれぞれの
対応を知り、各保健所にお願いして保健所の体制も
整えてもらい1頭でも多く動物たちを救う為の情報を
掲載していきます。

ここは保健所への批判ではなく改善をお願いして
お互いに連携しながら殺処分0を目指していく場です。


《スポンサード 検索》

「台風19号:ペットでも自分たちにとっては家族なんです。それを知っておいてください」

台風19号で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
そして避難されてる方々、頑張ってください。
少しでも応援できる事をしたいと思っています。

N825_wankoperori_TP_V.jpg
↑写真出典元:PAKUTASO

今回も避難所にペット(こんな呼び方はしたくないですが)を連れて入れない方が
多く居るようです。
避難所には多くのいろいろな方々が居ます。
動物アレルギーの方。
動物が苦手な方。

わかってます。
そこには一緒に入れない事も。

環境省では
「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」
各自治体に配布してます。
が!何の役にも立っていない。
それは自治体任せにしてるからです。



《スポンサード リンク》



岡山県の総社市では西日本豪雨の被害の時
市長自らが判断してペットと同伴避難できる施設を
設置しました。
それは市長自身が「ペットも家族」だと思っているからです。

でも、そんな市長は殆ど居ません。
人の命最優先ですからね。



ペットも家族と同じと思えない方には
理解できないと思いますが
今回の台風19号でマンションの1Fで
亡くなられた方が居ます。
その方はペットと一緒に避難できないと
避難しなかったそうです。

仲間の皆も同じです。
一緒に避難できなければ運命を共にすると
言ってます。
それは家族だからです。
置き去りになどできないのです。

その気持をわかってくれとは言いません。
でも、そういう人間も居るんだという事を
知っておいてください。

環境省も自治体任せではなく
環境省自体でこの問題の為に動いてください。
台風など予測できる被害に関しては
ペットと一緒に同伴避難できる施設と
一般の方用の避難施設と分けて設置できる様に
考えてほしいと思います。
それを節に願います。

参考記事
「熊本の被災地で見えた“ペット防災“”の今、批判あれど「同行避難こそのメリット」」
http://bit.ly/31iuzVb

『竜之介先生、走る! 熊本地震で人とペットを救った動物病院




《スポンサード リンク》


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



保護活動ランキング



捨て犬・保護犬ランキング


《スポンサード 検索》



スポンサーサイト