UA-20296987-2
fc2ブログ

「過去最大の犬虐待繁殖施設を告発~長野県」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「過去最大の犬虐待繁殖施設を告発~長野県」

「※本ページはプロモーションが含まれています」
繁殖犬が1000頭も居た虐待繁殖施設が告発されました。
保健所への届け出は600頭。
それだけでも驚く数です。

内部告発で繁殖場では毎日のように
無麻酔で帝王切開が行われていたそうです。
個人の繁殖業者ではよくある話で届け出さえ出せば
免許制度などなく誰でもできる犬猫の繁殖業。
それ自体が問題だと思っていますが。。。。。。

今回は杉本彩さんの団体「Eva」で告発をした訳ですが
闇の世界とも言える犬猫の繁殖業界を
明るみに出し真っ当な業界にするにはどうしたら良いのでしょうか?

法の整備?
行政のあり方?
いくら法を整備しても機能しないのであれば何の意味もない。
動物愛護管理法の罰則が厳しくなっても
未だにわずかな罰金刑で済ませる司法にも問題があると思います。

飼い主の免許制度も必要だと思っていますが
まずは繁殖業界の免許制度が早急に必要なのではないでしょうか?
届け出さえ出せば素人でも誰でもできる繁殖業は
今すぐ規制すべきです。

公益財団法人動物環境・福祉協会Evaの記事
「長野県松本市劣悪繁殖事業者を刑事告発し受理されました」
(2021年9月)
https://www.eva.or.jp/naganogyakutai



《スポンサード リンク》



---------------記事転載ここから-----------------

警察の家宅捜索を受けた、長野・松本市の犬の販売業者の施設。
届けていた飼育数はおよそ600匹だったが、実際にいたのは1,000匹近く。
犬たちは積み上げられたケージの中から外に出されなかったという。

以前から問題視していた獣医師は、さらに次のように指摘する。
警察などに情報提供・奥原淳獣医師「無麻酔、無資格で
連日のように帝王切開を行っていた」
問題の業者は廃業する意向。
犬はどうなるのか。

※画像をタップ(クリック)すると動画を観る事ができます。


今回、犬たちを運び出したのは、保護活動も行う埼玉県の業者。
問題の業者とは知り合いだという。

犬を運び出した業者の代表「愛護団体が獣医師の元に運んで
健康状態を見て、多くは一般に譲渡する。
血統証明書がないので販売は難しい。
金をもうけるつもりはない」

獣医師は、こうくぎを刺す。
警察などに情報提供・奥原獣医師「災害級の動物虐待案件の
証拠である犬たちが、どこにどう流れて渡ったか、
詳細な報告書を出してもらわないと、誰も納得できない」

松本市の保健所は、移送先の埼玉県の担当課に情報提供し
指導を依頼するという。

--------------記事転載ここまで-------------------


記事元:FNNプライムオンライン
「災害級の動物虐待」と告発 明かされた新事実 犬はどうなる」
https://youtu.be/H5tRozjmnCk



《スポンサード リンク》




にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


捨て犬・保護犬ランキング


関連記事
スポンサーサイト



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/3502-765384b3