UA-20296987-2
fc2ブログ

「物価高でペットを手放す人が急増~イギリス」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「物価高でペットを手放す人が急増~イギリス」

「※本ページはプロモーションが含まれています」
イギリスは日本よりも動物愛護が進んでるという
印象でしたが
そのイギリスでは最近、ペットを手放す人が増えているそうです。



《スポンサード リンク》



理由は物価の高騰でした。
日本でもコロナ過で在宅勤務が増えた人が
安易にペットを飼っては棄てるという残念な結果が出ています。

またフランスでも同様に理由は様々ですが
ペットの飼育放棄が増えているそうです。
ただフランスは議会で飼育放棄が増えない様にと
新しい法律を可決しています。

最近の日本での物価高も今後影響してくるでしょう。
日本はいつになったらペットの飼育放棄に対して
新しい法律の制定に動くのでしょうか?

不幸なペットを減らそうと活動してる方にとって
逆風が吹き荒れそうです。



《スポンサード リンク》



------------記事転載ここから------------

物価の高騰が深刻なイギリスでは、
ペットの飼育を断念する人が増えているといいう。
大切な“家族”でさえも手放さなくてはならない現状を取材した。

■生活厳しく…“ペット手放す”

 イギリス・ロンドン南部にある犬猫専門の保護救助センター。
現在、99匹の犬と97匹の猫が保護されている。
 この施設は最大で150匹の犬を収容できるが
9月の1カ月間だけで引き取ってほしいという問い合わせが700件を超えた。

 バタシー・ドッグ&キャット・ホーム 
保護犬担当マネージャー レベッカ・ロダーさん:
「ペットを飼えると思っていたのに、急激に状況が変わってしまい
残念ながら飼えなくなった人もいます」

 背景にあるのは、イギリスを襲っている物価高だ。
 インフレ率は10%を超えていて、ある調査によると
イギリスの4人に1人がせっけんやトイレットペーパーなしでの
生活を余儀なくされているという。

 一方で、犬や猫の飼育にかかる月々の費用はおよそ3万円。
日用品が買えないなか、大切な“家族”との別れを
選ばざるを得ない飼い主が急増しているという。

※画像をタップ(クリック)すると動画を観る事ができます。


■フランスでは…“改正案を可決”
 イギリスだけでなく、フランスでもペットの飼育放棄
問題となっている。
 フランス政府の発表によると、フランスの家庭で
飼われているペットの数は2000万匹以上で
半数の家庭がペットを飼っている。

 その一方で、ある動物愛護団体が去年引き取ったペットの数は
2020年から2割増え、過去最多を記録したという。
 動物保護団体によると、ペットを手放す理由は
「経済的な問題」の他にも、「引っ越し」や「離婚などによる別居」。
さらに、長期休暇で旅行に行くなどの理由が挙げられる。

 地元メディアは、「衝動的な購入が飼育放棄の増加につながっている」
と懸念を示している。

 こうした状況にフランスの上院議会は
動物の扱いに関する法律の改正案を可決。
この法改正によって、2024年からペットショップでの
犬や猫の展示や販売が禁止される。
 また、一般の人がインターネットで犬や猫を売買することも禁止となる。
 ペットを飼いたい場合は、ブリーダーから直接購入するか
保護施設からの引き取り。
あるいは、正規のペットショップからインターネットを通じて購入するかに限られる。

-----------記事転載ここまで-------------


記事元:ANNnewsCH
ペット“飼育放棄”急増 物価高騰で生活厳しく…
欧州で“深刻化” 日本にも影響か?(2022年11月16日)
https://youtu.be/vTilsJs31t4



《スポンサード リンク》



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


捨て犬・保護犬ランキング


関連記事
スポンサーサイト



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/3643-68dba6fc