UA-20296987-2
fc2ブログ

「未だに甘すぎる日本の司法~長野県松本市ブリーダー虐待事件」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「未だに甘すぎる日本の司法~長野県松本市ブリーダー虐待事件」

「※本ページはプロモーションが含まれています」
災害レベルの規模と劣悪飼育と言われた
長野県松本市自称ブリーダー「アニマル桃太郎」の事件。

2021年9月に公益財団法人動物環境・福祉協会Evaの告発によって、ようやく警察の捜査が始まった。
https://www.eva.or.jp/naganogyakutai#210914

2022年3月に初公判が始まり2024年1月までおよそ2年間、計8回の公判が行われたが
検察が求刑したのは懲役1年(動物愛護法違反)、罰金10万(狂犬病予防法違反)だけ。
https://www.eva.or.jp/naganogyakutai#210914
は?!
しかも「刑事責任は重大であり、ブリーダー業を廃業するなど、一見社会的制裁を受けていても、大規模な虐待事件であり、被告人には罪を償わせ、処罰すべき。」としておきながらです。

判決は2024年5月10日ですが、この求刑どおりだったとしても
皆さんだったら納得できますか?
未だに甘いレベルの低い日本の司法。
どんなに動物愛護管理法の罰則を重くしても司法がこれじゃー何も意味がない。
「絵に描いたぼたもち」って、この事だ。

アニマル桃太郎
↑出典元:劣悪な環境で多くの犬たちが飼育されていた FNNプライムオンライン


---------事件の経緯ここから--------
①出典元:「文春オンライン」特集班
「自分で腸を食いちぎり死ぬ犬も」「足の指が6本ある奇形も生まれて…」 摘発された悪質ペット繁殖場の元従業員が明かす“残酷な飼育実態”
https://bunshun.jp/articles/-/50584

・出たままの腸を自分で食いちぎり死んだ犬も…
・子犬を窒息死させ、百瀬に殴られていた有賀
・状況を把握しても、全く動かない保健所
・保健所は「事件」を早く明るみに出すべきだった


②出典元:「文春オンライン」特集班
「死んだ犬は弁当ゴミと一緒に処理」「餌は2日に1回、水は川から」…元従業員が告発 悪質ペット繁殖業者逮捕《ペットブームで飼育頭数は2倍強に》
https://bunshun.jp/articles/-/50582#goog_rewarded

・糞尿は垂れ流しで、たまにホースでケージに水をかけて床に流すだけ
・掃除が行き届かず、川の水を与え..餌も2日に1回
・死んだ犬は弁当のゴミと一緒にゴミ袋に入れられて…
・動物をおもちゃのように扱っていた
・動物の命を、命だとは思っていない

---------事件の経緯ここまで--------





にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


捨て犬・保護犬ランキング











関連記事
スポンサーサイト



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/3802-49d8c008