UA-20296987-2
fc2ブログ

「あなたの保健所への安易な電話が逆に犬猫たちの命を繋ぐ道を閉ざしてしまう事になります」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「あなたの保健所への安易な電話が逆に犬猫たちの命を繋ぐ道を閉ざしてしまう事になります」

「※本ページはプロモーションが含まれています」
殺処分で犬猫を殺しているのは保健所ではありません。
命を命とも思わずに保健所へ持ち込んだり
むやみに責任の持てない命を増やしてしまう元飼い主たちです。

未だにそれを理解もせずに保健所へ
「殺さないで!」と抗議の電話をする方が多いそうです。

香川県で立ち上がった
「みんなで“いのち”について考えようプロジェクト」さんの
フェイスブックからの転載です。
http://goo.gl/qcnnRI
--------------------------------------------------
【保健所からの声を聞いてください】
香川でも以前から問題にはなっていた保健所への抗議の電話ですが、
最近それがさらに大きな問題になってきています。
それには、このページを管理している私にも責任があります。
期限間際になるほど多くの関心を引き、情報の拡散は広がります。
譲渡の機会が増やせるなら…と、私はそれを利用しました。
その結果が抗議電話の数を増やし、心ない行動をする人間の関心も引いてしまったのです。
その当事者の立場から、現状の報告をさせてください。

香川県の収容動物を1頭でも助けたいと、地元の人間は、行政もボランティアも頑張っています。
「動物を殺すなんてひどい」と多くの方は言いますが、保健所の職員さんたちも、
1頭でも助けられるものなら何とかしたいと思っているのです。
でも、今の現状では、全部を生かすことは到底できません。

抗議の電話をかけてくるあなたが1頭でも引き取ってくれますか?
収容施設を造って、日々増える収容動物の世話を毎日してくれますか?
その子たちが死ぬまで世話できる資金を出してくれますか?
できませんよね? なら、どうか黙っていてください。

保健所は、勝手な人間が捨てたり、増やしたりして行き場を失った動物たちを引き取り
その人たちに代わって、できるだけのことをした後に、仕方なく処分をしているのです。

だから、処分が決まっていた子の譲渡が決まった時、泣いてくれる職員さんがいます。
だから、先日も処分当日の譲渡申し出に応え、トラックに乗せていた子を下してくれました。
でも、結局お迎えはなかった…。

その上に、状況を何も理解していない全国の人たちからの心ない抗議電話…。
これでは、保健所がかたくなになり、情報を公にしたくなくなるのもわかります。
こうして、少しずつ築いてきた私たちの信頼関係は崩れていきました。

そんな中、香川県の保健福祉事務所の職員の方からのお話を、
伝聞ですがお伺いすることができました。
やはり、多くの抗議電話に職員さんたちはかなり疲弊されているようです。
好きで殺処分しているわけではないのに、かなり辛辣な表現を投げつけられ、
心労がたまっているとのこと。
これでは、職員さんたちも前向きな気持ちを維持できなくなってしまい、
職務にも支障をきたしてしまいます。

歩みは遅いですが、殺処分を減らすために、香川県はがんばっています。
どうか香川県のがんばりを妨害するような、県外からの抗議の電話はお止めください。
その代わりに、応援する気持ちで、見守っていてください。
香川県民としての心からのお願いです。

1012270_576738419138824_4931037490591434679_n.jpg
※写真は先日譲渡ボランティアさんにレスキューされた子犬です。
-----------------------------------------------
以上、転載です。

これは香川県に限った事ではありません。
先日も記事にしましたが抗議の電話でなくても
引き取り希望する訳でもなく「ただ、どうなったか?」の
問い合わせの電話も殺処分当日には全国から集中すると
業務に大幅に支障をきたしてしまいます。

そればかりかネットを使って里親さんを見つけようとする
ボランテイアまたは団体さん達との関係も
絶たれてしまう事もあります。

ネットで少しでも里親さんの可能性を広げるために不特定多数に
拡散する訳ですから誰が見ているかわかりません。

特に最近はフェイスブックの拡散力はすごいものがあります。
その為、命が繋がる仔も多いです。
が逆に抗議の電話をする方も多くなってしまう訳です。

あなたの「殺さないで!」とか「どうなりましたか?」いう電話が
逆に犬猫の命を繋ぐ道を閉ざしてしまう事になります。


どうか、保健所への安易な電話は
ご遠慮ください。

よろしくお願いします。




捨て犬・保護犬 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





ペット保険のペッツベスト
医療費用の80%を保障!(免責金額を除く)






関連記事
スポンサーサイト



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/486-e54cb8b8