UA-20296987-2
fc2ブログ

「誰も猫を殺処分したくはない―命の現場が抱える葛藤と現実―」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「誰も猫を殺処分したくはない―命の現場が抱える葛藤と現実―」

「※本ページはプロモーションが含まれています」
「誰も猫を殺処分したくはない―命の現場が抱える葛藤と現実―」
http://www.huffingtonpost.jp/jcej/cat-destroy_b_5460683.html

高知県小動物管理センターの職員さんに取材した記事です。
全ての職員さんが同じ想いとは言い切りませんが
ほぼ、皆さん同じ想いなのではないかと思います。

高知県小動物管理センター
http://tanabe-animal.jp/
記事から一部抜粋で転載します。
----------------------------------------
「僕は、この仕事って身勝手な人間の尻拭いだと思っています。
動物を飼うことや、捨てたらどうなるかについて、
想像力のない人が多すぎるんですよ」

※猫たちの処分機
2014-06-06-4444448876553-thumb.jpg

「僕は、これまで何千頭も処分してきました。
自分の手が、汚れているのは分かってますよ。
血まみれの手......これは綺麗にはならないです。
この仕事を『鬼畜や』と言う方もいます。
でも、無責任な飼い主や住民がいる以上、
誰かがやらなければいけない仕事です。
それなら自分がやる、その思いは強いです」

※亡くなった猫たちは灰になるまで焼かれ
法律上、産業廃棄物として処分されます。

2014-06-06-5555556734412-thumb.jpg

今日も明日も明後日も、その先も、猫は殺処分されていく。
いくら声高に叫んだところで、それがすぐに変わることはない。
しかし、その「身も蓋もない現実」に向き合うことこそが
「殺処分ゼロ」へのスタートになるはずだ。

---------------------------------------
記事中に出てくる野村 笹乃 さんの手記です。
「今日も私は犬猫を処分しています」
https://www.facebook.com/yuu0402ki/posts/570242569705449

2014-06-06-777777889932-thumb.png

野村 笹乃さんのFB
http://goo.gl/Q0sSL4



捨て犬・保護犬 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




『カナガンキャットフード』






関連記事
スポンサーサイト



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/534-8604a8fe