UA-20296987-2
fc2ブログ

「捨てられたあげくに事故で後ろ足を2本とも失い、それでも子育てをしながら生き抜いた犬~中国」 - 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

「捨てられたあげくに事故で後ろ足を2本とも失い、それでも子育てをしながら生き抜いた犬~中国」

「※本ページはプロモーションが含まれています」
中国の小さな犬の過酷な半生

中国で元飼い主に引っ越しのため
捨てられた犬シィ(9歳)がいました。

他の捨て犬と同じように食べ物をあさって
生き延びていたある日、電車にひかれて後ろ足を
2本とも失ってしまいます。

どんなに痛くどんなに辛い思いをした事でしょう。
それでも生きていかなくてはなりませんでした。
保護されてから診察した獣医によると
電車に轢かれた時の熱で焼かれて出血が
なかった事が幸いしたのだろうという事でした。

fc2blog_20150608115610445.jpg

そんな状態でもバランスを取り
2本足で移動していたようです。
産まれた子犬も育てていました。

fc2blog_20150608115611724.jpg

そんなシィをイギリスのニュースで知った
アジアの愛護団体「アニマル・アジア」
この犬を保護してくれました。
https://www.animalsasia.org/

fc2blog_20150608115614adf.jpg


保護されてから
「リリィ」として動物虐待撲滅の「動物大使」を努めたり
車椅子も与えられて幸せに暮らしているそうです。

fc2blog_20150608115612549.jpg



捨てられたあげくに、電車にひかれて後ろ足を失うという過酷な半生を生き抜いた犬がついに幸せに
http://spotlight-media.jp/article/155111967650482054
http://goo.gl/S9hVSw





捨て犬・保護犬 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







全世界で愛用されて
販売累計100万袋突破!
『シンプリーキャットフード』



関連記事
スポンサーサイト



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

No title

初めてコメントさせていただきます。

涙しかないお話ですね。

優しいスタッフさんたちに出会いリリィちゃんが幸せに暮らせることがとても安心しました。

自分の子供を平気で虐待する親が多い中、
こんな小さなカラダで懸命に子育てするワンコ。

人として恥ずかしいです。

リリィちゃん、幸多かれ!

2015-06-08 21:17 | from チョコチロルの母。

Re: No title

<チョコチロルの母。さん
コメントありがとうございます。

犬や他のどうぶつ達もそうですが
家族の愛情は人間たちよりも
純真で勝っていると思います。

何も駆け引きがありませんから
本能的な事もあるんでしょうが
本当に人間たちの親子の愛情も最近では
悲しくなるくらい薄いような気がしますね。

どうぶつ達から学ぶ事は多いと思います。


2015-06-09 20:24 | from チーム殺処分0

トラックバック

https://satsuzerozero.blog.fc2.com/tb.php/838-a65c62c7